どうやって選べばいいの?タイムレコーダーアプリの選び方

タイムレコーダーアプリとそのメリット

勤怠管理は、従業員の働き方を正確に知り、給与を正確に支払うためにも必要不可欠です。勤怠管理には、様々な方法があり、紙のタイムカードを使用することもありますが、アプリのタイムレコーダーも人気があります。タイムレコーダーアプリは、出退勤時間をスマホやパソコンなどから記録する方法の勤怠管理です。データがパソコンに集積され、勤務時間も自動的に計算されるので、勤怠管理が非常に楽になるという点が大きなメリットです。このほか、コストや残業を軽減することもできます。

会社の勤務形態との相性を確認

タイムレコーダーアプリには様々な種類がありますが、その中から最適なものを選ぶためには、まず会社の勤務形態に最適なものを選ぶことが必要です。従業員が多く、それぞれが別々の勤務形態、勤務場所で働く場合、タイムレコーダーアプリを活用して一括管理をすると非常に役立ちます。しかし、スタッフが少なく、全員同じ場所で働くとなると、わざわざスマホアプリを活用する必要性は少なくなります。

無駄な出費を抑えるために費用を確認

タイムレコーダーアプリの導入は、無料のものばかりではありません。スタッフの人数に合わせて課金するものもあれば、管理方法によって料金が異なることもあります。労働環境と料金形態を比較して、無駄な出費を減らすことができるものを選ぶとよいです。

スマホアプリの導入が必要かの確認

タイムレコーダーアプリの多くは、スマホと連動しているものですが、パソコンと連動して管理するものなどもあります。従業員一人一人がスマホアプリの導入が必要となると、それだけ手間とあります。従業員がオフィスからほぼ出ることがないのならば、一人一人が導入する必要はないでしょう。勤務状況に合わせて選ぶと従業員の手間も減ります。

タイムレコーダーは時刻と時間を計測・記録する機械のことで、日本では従業員の出勤や退勤時間を記録する目的でよく使用されています。