現在の倉庫業界に関する状況はどうなっている?

倉庫企業の現在の動向

倉庫業界の規模はインターネット通販が誕生して以後年々増加の一途をたどり、現在でも増え続けています。なぜ倉庫に対するニーズがそこまで多いのかは、ネット通販を利用する人が圧倒的に増えてきたからです。ネット通販によって24時間好きな時に買い物できるようになったことから物流倉庫に対するニーズが高まり、国内外の企業が新たに倉庫市場へ参入しました。施設の新設をする企業や、現在の施設の建物の規模を増やす企業も増えてきており、多くの企業が今後も同様の動きを見せるのではないかと考えられています。

また、倉庫で働く人の不足も問題視されており、今後倉庫で働く人に対しての求人の増加をする可能性が高いです。人員増加は、倒産した企業の人員を救済できるのではないかといった見方をする人も少なくありません。

倉庫は保管だけの場所ではなくなっている

人手不足が深刻化しているところの中には、設備の自動化や大型化が進行しているところもあります。特に大手企業が経営する倉庫では様々な分野で自動化が進んでおり、今後もこの流れは増えるのではないかと考える企業は少なくないです。自動化を進めることによって人件費を削減し、よりコストを抑えた配送が可能となる可能性が高いといいます。結果として他社よりもサービスが良いと感じる利用者が増え、さらに規模を拡大する可能性は高いです。ただ単に保管するだけではなく、倉庫に様々な役割をつけている企業もあります。温度管理はもちろんの事、空調管理を徹底的に行って湿度にも気を配っているところも多いです。倉庫で発送するだけでなく、返品対応や物品加工を行う企業も増えてきました。

3PL(サードパーティーロジスティクス)は、メーカーや商社が物流の最適化のために他企業(=第三者=サードパーティー)に物流部門を委託する業務形態です。