太陽光発電って何がいい?太陽光発電の導入で得られる利点

電気料金の削減で家計を助ける

太陽光パネルを自宅やオフィスに設置することで、電気の自家発電が可能になります。自家発電によって生み出した電気を電化製品に使用できるので、電力会社からの電気の購入が少なくなるというメリットが得られます。場合によっては全ての電気消費を自家発電で賄えることもあるので、電気代がゼロになる家庭もあるでしょう。電気の消費が激しい場合は太陽光発電による電気料金の削減が家計を助けてくれます。太陽光発電システムが上手く機能していると、生み出された電気が余ってしまうこともあります。その余剰電力を電力会社に売ることもできるのが、太陽光発電の利点です。使っていない分の電気を電力会社に売ることによって副収入が得られるので、家計のやりくりが楽になる可能性が高いでしょう。

災害時や停電時に電気を使用できる

地震や雷、台風などの災害の影響で電気が使えなくなることもあります。予期せぬ停電によって電気が使用できなくなることもあるでしょう。これは電力会社からの電気の供給が滞ってしまっていることが原因です。そのため太陽光発電システムを利用している人は電気の使用が可能であるケースが多いです。蓄電しておいた電気を災害時や停電時に使用できるだけでなく、自立運転機能付きの太陽光発電であれば日中には勝手に電力を発電してくれます。これによってどんな状況でも電気が使えるというメリットが得られます。また太陽光発電は二酸化炭素の排出が少ないので、環境保全に協力できるという利点もあります。

現在の太陽光発電の価格は、設置の相場が137.5万円となりますが、15年もたてばその費用は回収でき、利益が出るまでになるでしょう。