起業を「成功」させる基本的な考え方・簡単な方法!

起業したいと思うはどんな時?

ある日突然「起業するぞ!」と思い立つことはなかなかないですよね。今の職業と自分の適性について考えたり、自分の好きなことが仕事になればいいのにと、折々に自分の今していることを見つめ直すことはあると思います。起業は人生を楽しむ方法の一つではないでしょうか。

起業に必要なことは1つだけ

ずばり「行動計画書を作る」これだけです。「P(Plan)D(Do)C(Check)A(Action)」をきっちりと細分化し計画を立てて実行する。例えば開業予定地の人口推移、近隣の開発状況、商品の値入率、ルーティンワーク、人件費などあらゆる方面を調べリスク回避の資料とします。「いつまでに(目標)・いくら(予算)・お助けマン(税理士)」のポイントを押さえ、しっかり計画を立てておけばほぼ予定通りに開業にたどり着けます。

行動計画書でなにができるか

行動計画書は思わぬところで効果を発揮します。それは融資です。金融機関から求められた資料を提出しても簡単に融資が受けられるほど甘くはありません。その時に大きく役立つのが「行動計画書」です。計画書がしっかりしていると融資する側から受ける信用度も高くなります。

お助けマン(税理士)と二人三脚

税理士は経営について些細なことでも相談を受けアドバイスをくれます。開業準備、決算報告、年末調整、各種申告手続きなど、専門知識がなくても日々の売り上げを税理士に提出、または確認をしてもらうだけで、あとはお任せで全てが済ませられます。税理士は他業者との関わりも持っていますので、同種経営者との意見交換の場所を提供してくれたり、経営のアドバイスも適切にしていただけます。アドバイザーがいるだけで勇気をもって夢に挑めるのではないでしょうか。趣味と実益が兼ねられる職業はわりと手が届くところにあるかもしれません。

フランチャイズとは、一定のロイヤリティを支払って企業が持つノウハウや企業の看板・サービスや商品を利用できるシステムです。代理店契約と似ていますが、委託契約ではないところが違います。