自営業を新たにスタートさせるときに大切なことは?

事業資金を融資してくれる金融機関を選ぼう

自営業者としてビジネスを始めるにあたり、商品の仕入れや設備投資などの資金が不足している場合には、まとまった金額の事業用の融資をしてくれる金融機関を探すことが重要です。例えば、百万円を超える資金が必要な場合には、厳しく審査が行われる傾向がありますが、将来性のある業種や、ビジネスプランが明確な事業者に対しては希望通りの金額の融資が行われるケースが少なくありません。また、事業資金の返済時の負担を少しでも軽くするには、各地の銀行や信用金庫、金融公庫などの貸付金利や返済方法の違いについて確認することが大切です。なお、事業資金の融資の審査から借入ができるまでには、数週間以上の期間が必要となることもあるため、余裕を持って相談窓口を訪れることがおすすめです。

業種によっては従業員の採用や教育も必要

製造業や小売業、サービス業など事業を進めるために人手が必要な業種については、開業準備と並行して従業員の採用や教育が必要となることがあります。特に、将来的に事業規模を拡大したい場合には、早期に従業員の採用条件をしっかりと決めたり、教育マニュアルを作成したりすることが大切です。また、効率良く人材を確保するにあたっては、求人サイトや情報誌に求人を掲載するだけでなく、近隣の大学や専門学校、高校などに優秀な卒業生を紹介してもらう方法もあります。その他、開業後に業務の合間を縫って、自営業者を対象としたセミナーや勉強会などに参加をして、従業員の教育のポイントをしっかりと学ぶことも大事です。

今の仕事をやめて独立起業するなら、フランチャイズがおすすめです。その理由はリスクがとても小さく、サポートがしっかりしているからです。