自分の携帯電話番号を伝えずに電話番号が必須のサービスに登録するためには

携帯番号を記入して登録すると勧誘電話に悩むことも

ネットサービスなどにユーザー登録する際、電話番号の記入が必須になっていてもやもやする人は少なくないでしょう。そのサービスを利用するのに、こちらの電話番号が必要になると納得できればいいですが、なんのために電話番号を伝えなければならないのかわからないサービスも多いからです。
注意したいのは、サービス側に提供した電話番号が他社のマーケティングなどに利用されることがあるという点です。ユーザー登録する際に、「登録された個人情報を提携先の会社に提供する可能性がある」といった規約が表示されていれば、それに同意したことになるので当然、法律的には問題ありません。ただ、いつの間にか自分の電話番号がいろいろな会社で共有され、まったく知らない会社から勧誘の電話がかかってきたらいい気分にはならないでしょう。

スマホのアプリでIP電話の番号を手に入れる

では、自分の電話番号を利用されないようにする方法はあるのでしょうか。たとえば、ユーザー登録する際に嘘の電話番号を記入すればいいと考える人がいるかもしれませんが、これはよくありません。その番号の利用者に迷惑がかかることになるからです。
実は自分の電話番号を伝えても、ほとんど実害を受けない方法が一つあります。スマートフォンのアプリから申し込めるIP電話サービスの番号を使うことです。そうすれば、IP電話のアプリを削除することによって電話がかかってくることは一切ありません。ただ、維持費が無料のIP電話アプリの中には、定期的に利用しないとアカウントが削除されてしまうものがあるので注意しましょう。

機密文書とは秘密を保持しなければならない重要な文書のことをいいます。会社にとって社外秘文書や極秘文書など様々な性質ごとに分類されています。