古いOSが入っている法人向けパソコンに新しいOSを入れたい!

メーカーのサイトで対応しているかをチェックしよう

法人向けパソコンを長く使っていくと、新しいOSが発表されることがあるかもしれません。新しいOSは基本的に古いOSと比べてセキュリティが向上していますが、そのメリットを求めて法人向けパソコンにインストールされている古いOSをアップデートした方がいいのでしょうか。
まず、古いOSをアップデートする場合に必ず確認しておきたいのは、パソコン自体が新しいOSに対応しているのかという点です。古いOSが入っているパソコンには、同じく古い規格のパーツが使われていることが多く、またOS以外のソフトウェアも古いでしょう。そういったパーツやソフトウェアが新しいOSでも動作するのかというのは、メーカーの検証結果を見てみないことにはなんともいえません。もし、メーカーが新しいOSにも対応していると発表している場合はアップデートしても大丈夫ですが、そうでない場合は見送った方が安全でしょう。

古いOSのサポートはいずれ切れてしまう

OSをアップデートしなかったとしても、インストールされているOSのサポートが続いている限り、利用する上で問題はありません。ただ、サポートが切れてしまうとOSに不具合が見つかっても修正用のプログラムが配布されることがなくなってしまうため、いろいろと問題が出てきてしまいます。特に法人向けパソコンの場合、外部に漏らしてしまうと問題になるデータなどが保存されていることも多いはずなので、速やかに買い換えなどの対応をした方がいいでしょう。
パソコン本体の買い換えをする予算がない場合、新しいOSの動作保証がメーカーから出されていなくてもアップデートしてみるのも一つの手です。もし問題がある場合は一定期間内であれば「ロールバック」といって、古いOSに戻すことができます。

パソコンに無駄な機能を付けたくないと思うなら、自分で必要なパーツだけを選べるBTOパソコンがお勧めします。