引っ越しをする時は不用品を片付ける最大のチャンス

引っ越し前に断捨離をしよう

新居に不用品を持っていき、荷物が多くて部屋が片付かないなんて事にならないように、引っ越しをする時は不用品を片付ける最大のチャンスだと考えましょう。押し入れやクローゼットなど、に不用品を溜め込んでしまっていませんか。不用品はまだ使えるから勿体ないと所有し続ける方が勿体ない事だと考えを改めて、潔く断捨離する事が重要です。新居に持っていく荷物は少なければ少ないほど引っ越しの料金は荷物の量に比例するため安くなります。また荷物が少ない方が、新居で荷物を片付ける時に時間がかからずにすぐに終わるというメリットがあります。

片付けるのが苦手という人には共通点があり、それはモノが多い事です。整理整頓が得意な人でも、モノが多いとそれだけ難易度が高くなるためキレイに片付けられなくなります。まして片付けが苦手な人がモノが多い状況で、キレイに片付けられるはずがありませんよね。

粗大ごみは引っ越し業者に処分してもらう

地域によって粗大ごみの出し方に多少の違いがありますが、粗大ごみを出す時には専用のシールを購入して粗大ごみに貼り、連絡を入れて収集に来てもらう必要があります。家の中まで粗大ごみは取りにきてくれないため、1階のゴミを収集する場所まで本人が運ばないといけません。その一連の流れが面倒で手間がかかるため、粗大ごみを捨ててスッキリ片付けたいのに出来ないという人も多いでしょう。

ですが、引っ越しの際に「冷蔵庫とベッドは処分して下さい」と引っ越し業者に依頼すると、多少のお金はかかりますがスムーズに粗大ごみを処分する事が可能です。引っ越しを機に家具や家電を新しく購入するという人も多いので、粗大ごみは引っ越し業者で処分するのも一つの方法です。

不用品の回収は特に家電などを廃棄する時に活用しましょう。不用品を無料で引き取ってくれます。ただし、廃棄するに当たっては家電リサイクル法にも注意しましょう。